読み込み中

NEWS

お客様の声

薬を処方され飲んでいるが良くならない。視力の悩み

山口県下関市 80歳 男性


3~4年前から新聞、本の文字が重なって見え眼が疲れるようになった。
又、遠近がわからず車の運転が危険になり、家族から運転免許証を返納するように言われ、私の運転する車に同乗しなくなった。正常に見えるようにならないものかと眼鏡店に行き眼鏡を作ってもらったが良くならず、これ以上どうにもならないと言われた。
 病院の眼科で暗室の中の大きなスクリーンを使って検査し、原因は眼の左右の筋肉がアンバランスになっていると言われ飲み薬を処方され飲んでいるが良くならない。町の眼科医院でも同じようなことを言われた。

このまま一生を送るのかと落ち込んでいた時、西眼さんでプリズムレンズを使った矯正眼鏡で正常に見えるようになると知り、早速相談し作ってもらいました。
以前のように良く見えるようになり毎日楽しく充実した生活を送っています。今では私にとってこの眼鏡は物でなく身体の一部と思っています。
西眼さん本当にありがとうございました。

◎NEWS一覧ページへ

Category

Back number


上へ戻る