読み込み中

NEWS

お客様の声

病院は病を治すところ、メガネの度数を調整するのは「眼鏡士」

下関市 非常勤講師 66歳男性


平成12年12月、両眼とも白内障との事、まず視力の弱い右目の手術を行う。 
左目はまだ余り進行していないので、経過を見ながらする事にした。その後、メガネを作るも焦点が合わない。慣れるまでと2ヶ月ぐらい我慢したが、無理である。再度検眼し、レンズを換える。 
どうしてもふらつく。 
いろいろネットで調べた結果、メガネ眼鏡士がいることを知った。 
早速市内のメガネ店「西眼」に行く。事情を話し、検眼をした。 
何と気の毒なほど時間をかけ、いろんな検査をしてもらった。無知な自分にとっては、いささか驚いた結果を見た。 
そのデータの基にメガネを作る。ななんとなく落ち着く。以前の物は一日中目を気にしていたが、今度はたまに気になる程度だ。 
日にちが経つにつれて慣れてくるようだ。

私はこの結果を見て思った。病院は病を治すところ、メガネの度数を調整するのは「眼鏡士」だと。

◎NEWS一覧ページへ

Category

Back number


上へ戻る